FC2ブログ
 2019年、10年以上続けてきたYahoo!ブログがなくなります
今まで書いてきた記録がすべて消滅してしまうのは、あまりに寂しい・・・
ということで、こちらに引っ越してきました

2007年から始めたブログはこちら
OSO♪’S TRAVELOG first

そして、こちらのブログはfirstの続きで2ndとなります
OSO♪’S TRAVELOG 2nd

これら↑の2つのブログはすでに更新はしておらず、新しく別ブログで続きを書いています
OSO♪'S TRAVELOG



こちらのブログが現在稼動しているブログになります




主に、国内外を旅した記録を綴っております
よろしくお願いします

IMGP4111.jpg
スポンサーサイト



ブログ引っ越します

Yahoo! ブログを始めたのが2007年
約10年間続けていましたが
現在β版として試験的に公開されている方式がどうにも合わない気がして
考えた上でブログを引っ越すことにしました
2017-2018年の年末年始の旅行分を試しに新ブログへUPしてみて
そちらの方でやっていけそうな感触を得ましたので
思い切っての引越しです
10年続けたブログにも心残りや未練はあるのですが・・・
新たな旅、今回5月末から6月頭にかけて行ったポーランド旅行を
新ブログにてボチボチとUPしていってます
まだちょっと慣れないところもありますが
これまで長らくYahoo! ブログでお世話になった皆様
本当にありがとうございました
こちらのブログも旅行の記録として置いておくつもりではありますが
新たなシステムによって表示が変わったりするのかが心配です
一応、新ブログのアドレスも置いておきますね
末筆ではございますが、
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします

300-300-2.jpg
羽田から関空へ
いつもバスラウンジを使う時と同じような感じの時間に行ったのに
すでにボーディングが始まっててちょっと焦った(^^;)


何でえらく早い搭乗開始だったのかは分からんのですが
まぁ普通に乗れましたので安堵…


 

時間になりドアクローズ・・・
あれ?1回ドアが閉まったのにまた開いた???

何やら一人(1組?)まだ来ない客待ちだとか…
どこのアホやねん、放って行けや!と思ったが、そうもいかないんだろうね
しかしながらいつまで経っても来ない
CAさんも心なしか焦りの表情
待てど暮らせど来ないヤツのためにザワつく機内の客に飴を配ったりとか…

30分ほどして、遅れたヤツが乗ったバス?が来たっぽい・・・
と思ったら、誰も乗って来ずにドアクローズ

なんやねん(ー"ー#)

どこかのアホのお陰で30分のディレイで出発
待ってたって事はチェックインしてるんやろなあ?
迷惑な人だ

さて、やっと出発ですよ
夕焼けの中に富士山のシルエットが映ってました
せっかくなので(?)夕焼けの中の富士山を動画で追っかけてみました




夕焼けや朝焼けの時間帯に、赤い空と反対側を見た時に
薄いピンク色になる空の色が好きです

夕焼け富士山




富士山を後にして、関空へと向かうのでした
2月、網走旅行はこれでおしまい
ホテル近くのバス停から空港へはバスにて
バスは(たぶん)飛行機の時間に合わせた本数しかなく、少ないです(^^;)
しかし、バスが遅れて結構ギリギリな到着になってしまいました
間に合って良かった・・・( ̄◇ ̄;)
大急ぎで飛行機で食べる昼ご飯を購入してゲートへ
 






Air DOのコードシェア便ってANAの優先搭乗無いんだね
さらば網走













暫くして見えたのは釧路の海岸線でしょうかね?





ご飯を食べて一眠りしたら羽田が見えてきました


ラウンジで一休みしたら関空行きへ乗り継ぎです

網走湖を歩く

最終日の更新、すっかり忘れてました(^^;)
最終日の朝、部屋から外を見ると前日までとは打って変わった青空
 

目の前の網走湖は凍っていて、氷の上には前日に降り積もった雪で
まるで一面の雪原のようです
飛行機の時間にはまだ早いので、朝ご飯を食べた後に湖へ行きました
ホテルの裏側の林
氷が万が一にも割れてオーメン2状態になったら怖いので
そっと…氷上に歩き出しました
スケートリンクではない氷の上を歩くのは初めて
雪が積もって分かりませんが、湖の上を歩いてます
所々、ジュワっと水が浸み出でてくる場所がありました(^^;)
でも、遠くの方でワカサギ釣りをしているテントもたくさんあるので
たぶん大丈夫なんでしょう
真っ白の雪がキラキラ
この冬は雪害に大変な思いをした地域も多くあったようですが
雪が1センチでも積もるなんて数年に一度あるか無しかの大阪住人には
雪を見るだけでワクワクしちゃうんですよ
(雪害等のあった皆様にはお見舞いを申し上げます)
この後は空港へ向かって帰るだけなので
最後の雪の感触を楽しみました

YAKINIKU 網走ビール館

〆の夕食は焼肉で
 
予約は早めにしてありましたが、人気店のようでお店はいっぱいでした
オーダーはこんなタッチパネルで
これ、便利ですね~
いちいち店員さんを呼ばなくてもいいし、オーダーの間違いも少なそうです
飲み比べ4種のビール
青いのが気になって一口もらいましたが、
なんかビールって感じではないような味!?
サッパリして苦味が少ないのでビールが苦手な人でも飲めそうだと思いました
この青いビールが飲みたかったらしいガイジンさんが
満席だから席は無いと言われながらも、立ち飲みでOKだからと
ビールだけ飲んで撮影してましたよ(笑)
気持ちは分かるかも(´∀`*)
夕張メロンサワー
まずはナムル
それから肉
 
せっかくですので網走牛(カルビ)↑写真右側を頼んでみた
肉はどれもナカナカ柔らかく美味しかったです
途中でお腹が痛くなってしまったAちゃん
やはりこの日は外での活動時間が多かったので冷えたか!?
(ホテルに戻ってから温泉でヌクヌクしたら随分良くなったらしい)
・・・ので、クッパを
私はお腹も痛くないので別腹でデザートをいただきました

このソフト、けっこう美味しかった
ソフトクリームだけどアイスクリームっぽい食感でした
ごちそうさまでした
流氷を見た後、時間がありましたので
道の駅から無料シャトルが出ていた流氷まつりの会場へ行ってみました
まつり自体はほぼ終わってましたが(^^;)
雪像は見られるし、出店などもまだ少しばかり時間が残っているようでした
この時間、この日のうちで一番吹雪いていたのではないかと…
とりあえずはグルっと雪像を見て回ります
札幌の雪まつりには行けませんでしたが
ここで雪像を(規模は違うだろうが)見ることが出来ました
吹雪いてるのもあって、画面が真っ白になってしまってますが(^^;)
ニポネは網走のご当地キャラのようです
こちらは能取岬灯台
ムーミンとか
氷の像もありましたが、雪が降り積もって上の方が白く…(´;ω;`)





雪が顔にペタペタと降り付けてくるので屋根のある物産展の建物に避難
Aちゃんとダンナが何か買ってました
買いモン好きやなぁ、この2人は
帰りもまた無料シャトルが道の駅まで出ていました
昼間はお神輿なども出て賑やかだったようです
後でテレビで見ました
夕食まで時間があったのでカフェで一休み
インスタ風(?)に…(笑)















全部ポットサービスでお得な気分になりました
ココアまでお代わりが付いてるのは初めてかも!?

流氷

船は段々と沖合いの流氷のある場所へと進んで行きます

塊がプカプカ浮かんでいる景色から・・・






広い範囲に海を埋め尽くす景色に





砕氷船なのでゴッツイ氷をゴンゴンガリガリと割って進みます

薄っすらと青い色をした氷が綺麗
遠くの方の氷に何か影を見つけました
(ここから先、左右写真の左が元写真、右がトリミング)
クリックで拡大できます
 
もしかしてワシ!?
と、姿を追いかけます
 

 

 

 

 

アザラシは見れなかったけどワシが見れて良かった(*⌒―⌒*)
船の一番前の所は人気ポイントのようでなかなか空かないんだけど
頑張って前の方へも行ってみた






行く前は見てみたいな~
くらいの気持ちでしたが、行って実際に見てみたら
流氷スゲーΣ(・ω・ノ)ノ!
に変わりました
ちょうど、行く前の1月下旬~2月上旬だった(っけかな?)に接岸して
行った3連休は無茶苦茶に寒くもなく良かったです
流氷を堪能して、船内へ戻り
数量限定とかいう和牛肉まんをホクホクといただきました

流氷砕氷船 おーろら

いよいよ今回の旅のメインイベント
流氷を見に行きます
網走駅からはバスで道の駅にある船乗り場へ行きます
 
チケットは連休というのもあったので
早めに予約しておいて、当日に引き換え

いよいよ乗船
アノ国の人とかアノ国の人の団体さんも多くて横抜かしが横行してます
気持ちを強く持って横入りを阻止(笑)
席は1階自由席と2階指定席がありますが
2階指定席は先着順で、船が出港してから追加の400円を支払います
せっかくなので進行方向に前を見られる2階席にしました










追加の400円を支払うとチケットをくれます
時々、座席が空いてると勘違いして席を狙ってくるアノ国の人などがいますので
このチケットは大事に取っておきましょう(^^;)
実際にそういう人、いましたよ…

船が沖へと進むと前方に海に浮かぶ流氷が見えてきます





流氷の群に突っ込み始めたところで(寒いけど)デッキに出ました
つづく

釧網線・北浜駅

釧網線・北浜駅です


去年の夏にも行きましたが冬はまた趣が違います
駅舎の横には展望台があり、オホーツク海を一望できます


真っ白で分かりづらいですが、海には流氷が流れ着いてます




駅舎内にあるカフェ、停車場で一休み
 
オムカレー980円、カニラーメン700円
 

どちらもナカナカ美味しいです
カフェオレで外の寒さをひと時忘れます



ランチと休憩を済ませて網走へ戻ります


濤沸湖

北浜駅から徒歩約10分
雪道だったかたもうちょっと掛かったかな(^^;)
濤沸湖へ向かいます


雪道でダンナが何度もスッテンコロリンと転んでました
雪靴じゃいから・・・と言うてましたがね(笑)
何はともあれ到着


建物の中では双眼鏡などで水鳥が見られたり、色んな説明がされた展示がありました


双眼鏡は幾つかあって、それぞれ白鳥やタカなどに合わされています
初めてタカを見ました
外へ行きます




見られるポイントがちょっと遠いので望遠レンズで


白鳥たち、いました




ほとんどはうずくまるようにして休んでます
寒いから?
鴨もいた